さんろく日記

「大和当帰と芍薬について」のオンラインセミナー

「大和当帰と芍薬について」のオンラインセミナー参加者の皆様に御礼

昨日、さんろく自然塾うめだファームの「さんろくカフェ」で、奈良ゆかりの生薬である「大和当帰と芍薬について」と題して、御所市内にある奈良県薬事研究センターの西原正和氏を講師にお招きしてZOOMによるオンラインセミナーを開催致しました。

イベント告知も遅くなり、また土曜・日曜でない、平日開催にオンライン参加して頂いた方々に感謝致します。ありがとうございました。

次回のさんろく自然塾うめだファームのイベント(下記に予告)にご参加頂ければ幸いです。

【ふり返り】

昨年8月27日「大和当帰に親しむ日」と題したワークショップ(ZOOM配信付)を開催して、多くの方にお集まり頂き、講義終了後には圃場で大和当帰を摘んで頂き、更に当帰葉を使った料理をも楽しんで頂きました。

次年にも体験型イベントを実施してほしいとの声が多く、講師の西原先生と相談しておりましたが、今年は新型コロナの感染が収束せず、ZOOMによる出前講義のみにさせて頂きました。

ワークショップが理想と考えます。そのためには1日も早い新型コロナの収束を祈るばかりです。

 

【予告】

今回の打合わせ中に、大和当帰や芍薬を栽培している圃場に行き、当帰や芍薬などの薬草の姿を見てもらいながら知る・学ぶ、さらに道すがらにある奈良の薬草(野草)についても学ぶセミナーを開催してはという案が出ています。

課題は、山麓を歩きながら、安定した動画配信が出来るかの確認が必要です。決定すれば、ご案内いたします。