さんろく日記

月下美人開花 第1号

今年の月下美人開花第一号

花の香りが強かった!

さんろく自然塾うめだファームでは月下美人を育てている。

同じ株から挿木(挿し葉)して増やすので、遺伝子が同じかほぼ同時期に一斉に花芽をつける。

月下美人は地植えが良いのだが、冬の寒さに弱いので植木鉢で育てている。

鉢の数が多くなると冬の管理が大変であるが、そのご褒美に美しい姿と香りを楽しませてくれている。

今年も元気で花芽が付きだした。最盛期には50〜80個になることもある。

今回、同時に咲くの花は7つ。最初の開花は昨晩7時ごろから咲き出して10時頃には大きく開花した。

約50鉢あるが、小さな鉢にももう次の開花予定の花芽が付いている。さらに次の次の花芽も小さな顔をみせている。

次の開花は7月初旬だが、次回は幾つ咲くのだろうか⁉️

今年も何度かたくさんの月下美人が咲いて皆んなを楽しませてくれるだろう。(昨年は10月末までに4回の開花)

今年は新型コロナが収束して恒例となった月下美人鑑賞会、今年はできるのだろうか⁉️