さんろく日記

シジュウカラの訪問

シジュウカラ(四十雀)の巡回訪問

さんろく自然塾うめだファームの周辺の樹木にはメジロやシジュウカラが群れをなして日に何度か巡回するように来る。

シジュウ・シジュ・シジュウ・シジュという甲高い鳴き声で何かを話しながら餌をついばんでいる。そこにメジロも加わり共に餌を食べている時もある。

群れは来ては立ち去り、また、どこからともなくやって来る。冬のさんろくはヒヨドリ、メジロ、シジュウカラなどの楽園のようである。

この寒い季節、葉や花のない雪柳(ユキヤナギ)、百日紅(サルスベリ)やコブシの木などには目に見える昆虫などいないと思うが、樹皮をさかんに啄んでいる。樹皮についた害虫を食べてくれてるのだろうか?

季節の巡りある自然の風景は素晴らしい。